×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



〜SegaRally 2 Review〜

Dreamcastを購入した目的の一つ
「SEGA RALLY 2」を体験!



当初、Dreamcast発売同時タイトルとして発表された「SEGA RALLY 2」でしたが
通信対戦での回線整備等で延期され、そして翌年に発売されました。
延期期間を相当広げられてしまいましたが、それだけ待たされた「甲斐」はあったのか?
早速その詳細をお伝えしましょう。

発売数日前、店頭でテストプレイした時点で既に驚きの連続でした。
正にアーケードそのものと言って良いくらい、移植度が高い!
第1印象でこれだけの出来を見せられたソフトは、今まで数本しかありませんでした。
しかもその処理速度にまた驚きですね、いくら移植度が良くても
レースゲームの醍醐味である「スピード感」を失っては意味がありませんし、、、

ですがその疑惑もすぐに解消しました。(^^;)
多少処理速度は落ちるものの、ゲーム自体には支障ありませんね。
また前作同様、様々な要素が加えられてます。
まずコースの増加、しかも1つの舞台に3種類も!
そして使用車種の大幅な増加、更にある一定の条件でよりその幅が広がります。

そのほか前作から受け継がれてきた「リプレイ」、「セッティング」など
取り入れるものは全て取り入れてくれました。
セガラリーファンならたまらないでしょう、本物のラリーファンも必見!?
ですが、これだけ忠実に再現している為、そのレース展開は非常にシビアです。
レースゲーム全体から見ても、レベルは高いと思います。

そして、、、一番の売りでもあり、発売延期の理由でもあった
「通信対戦」の出来はというと、、、
正直唖然としてしまいましたね、この処理速度の速さには!
回線の込み具合によっては、切れる可能性も多々ありますが
そのゲーム環境は非常にレベルが高いです、電話回線で、33.6k MODEMで、この早さは凄い!

ここまでの環境を作り上げてくれたセガに感謝ですね。
気軽に通信対戦が出来る家庭用ハードとしては、文句無くDreamcastが一番!
是非皆さんも体験してみては如何でしょうか?
1999/02/08 PM 10:00